長時間の草むしりや庭木の剪定は負担をかけて腰痛になってしまう

草むしりや庭木の剪定で腰痛に悩まされている人へ

腰痛

庭の草むしりや庭木の剪定を行なうのは大変で、腰に負担がかかってしまいます。腰痛で悩んでいる人は自分で行なうよりも業者に依頼して、草むしりを代行してもらうことを検討してください。下の口コミでは草むしりを行なったことが原因で、腰痛持ちになってしまった人の体験談を紹介しています。

腰痛になる原因は「姿勢」にある

草むしりと庭木の剪定で腰痛に!(59歳/草むしりで腰痛になってしまった男性)

大量に雑草が生えてきていたのと庭木が伸びてきていたため、自分で草むしりと剪定をしました。でも、そのせいで腰を痛めてしまいました。最初は少し腰が痛いだけでしたが、長時間しゃがんでいたために慢性の腰痛を患ってしまったのです。当分は満足に歩けないほど腰が痛く、日常生活に支障をきたしてしまいました。

草むしりや庭木の剪定を行なうと腰が痛くなるのは、作業を行なう時の姿勢が大きな影響を与えています。しゃがんで作業を行なう姿勢は、背中の筋肉が伸ばされた状態です。前かがみにしゃがんだ姿勢を長時間続けると、筋肉の釣り合いが取れないため負担がかかってしまうのです。また、前かがみの姿勢だと仙腸靭帯という骨盤にある筋肉に負荷がかかり、腰痛を引き起こしてしまいます。

腰を痛めている場合は業者を呼ぼう

伸びた草木をきれいに処理してもらえた (58歳/ガーデニングが趣味の男性)

庭でガーデニングをしているのですが、腰を痛めてしまい草むしりや庭木の剪定ができず荒れ放題でした。草むしりや庭木の剪定を行なう業者に依頼すると、すぐに作業に取り掛かってくれてその日の内に雑草はなくなりました。見積もり対応もしっかりしていて、定期的に草むしりを依頼したいと思えるほどです。

体力に自信がない人や、慢性の腰痛を患っているという人は無理してまで草むしりや庭木の剪定をしてはいけません。草むしりや庭木の剪定を代行してくれる業者に依頼すれば、身体に負担をかけることなくお庭を綺麗にしてくれます。

草むしりや庭木の剪定を楽に行なう方法

腰に負担をかけないように草むしりを行ないたい人は、ちょっとしたコツをおさえておけば楽に行なえます。草むしりを楽にするコツを紹介するので、これを行なって負担を軽減しましょう。

その1【土が湿っているときに草むしりを行なう】
草むしりを行なう場合は、雨が降った後に行なったほうがいいです。雨水を吸った土は柔らかく、力を入れずに雑草を抜けます。地面が乾いている状態の雑草は、力を入れないと抜けませんし根っこだけ地面に残る可能性も高いです。根っこが残ってしまうと、雑草を抜いてもその根から雑草が生長してしまいます。雨が降っていない場合は、ホースで散水して湿り気を与えましょう。
その2【草むしり椅子を使う】
しゃがんだ姿勢が腰に負担をかけてしまうため、草むしりを行なうと腰痛を引き起こしてしまいます。腰痛持ちの人は、座りながら草むしりができる椅子を使ってみてください。座った姿勢ならば、腰にかかる負担も軽減できますから楽になるでしょう。椅子には車輪がついていますから、しゃがんだり立ったりを繰り返さないで大丈夫です。移動も楽ですから、広い庭でも草むしりも楽になります。自分で草むしりを行ないたい人は、このような椅子を使用して無理をしないことが大切です。
その3【適度に休憩を挟む】
草むしりや庭木の剪定を行なう場合は、作業をしながら適度に休憩を挟んで負担を軽減する必要があります。面倒な作業ですから、一気に終わらせようと考える人が多いです。それが原因で腰を痛めてしまいますから、無理に終わらせようとしてはいけません。休憩を行なえば、腰にかかる負担を回復できます。また、休憩しながら草むしりや庭木の剪定をしたほうが効率も良くなるのです。
TOPボタン