梅雨以外の草むしりも重要

雑草は成長する速度が速く、伸びきってから草むしりを行なうのは大変です。定期的に草むしりを行なえば、作業も楽になります。

後片付けまですべて任せられる

梅雨の時期になると、常に雨が降っている状態が続きます。そのため、雑草は生長するので定期的に草むしりが必要です。生長する時期だけでなく、常に雑草を除去しましょう。9月から10月の秋の時期は、雑草の生長もおさまります。成長しない間に対処しておけば、梅雨の時期よりも楽に作業が行なえるのです。他には、11月から12月の寒くなる時期にも行ないましょう。寒くなると雑草は生長しにくいため、生えてくるのは短い草ばかりですから簡単に抜けます。これら時期には定期的に草むしりを行なうようにし、年に最低でも3回は手入れをすることが大切です。実際に農家の人も、この時期に除草作業をしています。

プラン内容によって料金は異なる

自分で草むしりや庭木の剪定を行なった場合、雑草や庭木の処分も行なわないといけません。作業で腰を痛めたのに、処分までするのは大変な作業です。

自分で草むしりを行なってきた人は、腰痛を防ぐために業者に依頼しましょう。初めて草むしりを依頼するという人は、どの位の料金が必要なのかここで紹介します。

TOPボタン