定期的に草むしりをすれば楽

草むしり

雑草は成長する速度が速く、伸びきってから草むしりを行なうのは大変です。定期的に草むしりを行なえば、作業も楽になります。

梅雨以外の草むしりも重要

梅雨の時期になると、常に雨が降っている状態が続きます。そのため、雑草は生長するので定期的に草むしりが必要です。生長する時期だけでなく、常に雑草を除去しましょう。9月から10月の秋の時期は、雑草の生長もおさまります。成長しない間に対処しておけば、梅雨の時期よりも楽に作業が行なえるのです。他には、11月から12月の寒くなる時期にも行ないましょう。寒くなると雑草は生長しにくいため、生えてくるのは短い草ばかりですから簡単に抜けます。これら時期には定期的に草むしりを行なうようにし、年に最低でも3回は手入れをすることが大切です。実際に農家の人も、この時期に除草作業をしています。

業者に依頼すればなに一つしなくても良い

自分で草むしりや庭木の剪定を行なった場合、雑草や庭木の処分も行なわないといけません。作業で腰を痛めたのに、処分までするのは大変な作業です。

後片付けまですべて任せられる

業者は草むしりや庭木の剪定しかしてくれないですよね?
いいえ、草むしりや剪定後は雑草や庭木の処分も行なっています。雑草や庭木の処分は地域によって、野焼きが禁止されていますから代わりに処分するので問題ありません。処分を希望する人は、作業を行なう前に連絡してください。

業者選びの前に料金の把握

自分で草むしりを行なってきた人は、腰痛を防ぐために業者に依頼しましょう。初めて草むしりを依頼するという人は、どの位の料金が必要なのかここで紹介します。

プラン内容によって料金は異なる

根元からの草むしりの場合
草むしりにかかる費用は、1平方メートルあたり1250円からとなっています。また、雑草の長さによって料金は変わり、50cm以下で20平方メートル未満の広さの庭なら1500円です。
除草剤を撒く場合
除草剤を散布する場合は、1平方メートルあたり200円からになります。除草剤を撒くことによって、その後も雑草が生えてこないようにできます。
TOPボタン