腰痛を防ぐには草むしりの回数を減らしてストレッチを行なうこと

草が生えない環境を作ることが重要

腰痛をなくすためには、草むしり回数を減らすことが大切です。ここでは、雑草が生えてこないようにできるアイテムを紹介しますので、これらを使用して草むしりしないようにしましょう。

このアイテムがあれば雑草が生えづらくなる

防草シート
防草シートを庭に敷いておけば、雑草は生えにくくなります。地面に太陽の光が当たらないようにして、雑草の生長を阻害できるので効果的です。また、シートで庭を覆っていますから、外から飛んでくる雑草の種が地面に付かないようにできます。
パークチップ・ウッドチップ
パークチップやウッドチップには窒素が少なく、有機物が多く含まれています。これらを多く敷き詰めた所は、雑草にとって生長しにくい環境になるため、チップの下から雑草が生えることはないです。

体のケアをして腰痛を緩和させる

ストレッチ

草むしりや庭木の剪定によって起こる腰痛を改善するためには、作業前と後にストレッチなどをして筋肉を解す必要があります。ここでは、自宅で簡単にできるストレッチを紹介します。

ストレッチをして筋肉の凝りを解す

仰向けの状態で行なう方法
仰向けで寝ながらひざを立てて、お腹に手を当てながら息を吐いてください。息を吐く時にお腹をへこませるようにするのが重要です。床に腰を押し付けながらへこませて、これを長い時間かけて行ないましょう。次に、今度はゆっくり息を吐きながらお腹を膨らませてみて、これを交互に5回行なうようにしてください。
椅子に座りながら行なう方法
椅子に座った状態で、ひざの上に手を置きましょう。その状態からゆっくりと息を吐きながら、上体を前に倒してください。無理のない状態まで倒したら、その姿勢を5秒程維持します。その後は、ゆっくりと元の姿勢に戻してください。椅子に座りながらできますから簡単です。
四つん這いで行なう方法
四つん這いの状態になって、息を吐きながら背中を丸めておへそを見るようにしましょう。この状態によって、背骨付近にある筋肉を解せます。次に、息を吸いながら背中を反らして、上と前に体を伸ばします。これらを交互に行なえば、腰にかかる負担を改善できます。

TOPボタン