草むしりや庭木の剪定を行なうなら腰痛を防ぐため負担を減らしましょう

4つを守れば負担が減る

草むしりや庭木の剪定を行なう時の姿勢は、腰に大きな負担をかけてしまい腰痛になってしまいます。それを避けるためには、次のことを守って姿勢に注意してみてください。

取り扱いには十分注意しましょう(草刈りのプロ)

腰痛の人はしゃがんで作業を行なうのは困難です。作業を楽にするためにも草刈り機を使用してみてください。

草刈り機は立ったまま雑草を刈れるため、腰に負担をかけずに庭の手入れができます。草刈り機の中には、お年寄りや女性の人でも扱える種類がありますので自分で操作することも可能です。値段も安いものだと1万円で購入できるのでお得です。扱いやすいですが、刃が高速で回転しているため怪我をする可能性があります。不安な人は、草刈り業者に依頼してみてください。業者なら草刈り機を所有していますし、扱いにも慣れていますから怪我をせずに作業をこなしますよ。

TOPボタン